夜行バスを利用する際の注意点。

夜行バスは見ず知らずのお客様同士で密室で移動するため、特にセキュリティ面での注意が必要です。
貴重品は必ず取られにくい場所に入れてガードし、海外旅行で使う腰巻き型パスポート入れを準備すればより安全です。高価なアクセサリーや時計などは、座席に座る前から外しておいたほうが無難です。
飲酒に規定がないバス会社もあるので入眠するためか酒を飲む人もいますが、酔って暴れたり騒いだりする被害が散見していますし、酒の臭いが苦手な人もいるので避けます。
女性の場合は痴漢被害もあるので、女性だけのバスに乗るか、無理な場合は独立シートのバスに乗るほうが安全です。無防備な状態になりため、過度に露出した格好は避けます。どのトラブルをでも同じですが、被害を受けたらすぐに運転士に相談することも重要です。
快適に利用するためには周囲への配慮は大切です。シートを倒す場合は必ず事前に後ろの方に一声かけます。消灯後の読書灯も読書や携帯を使うときには必要ですが、出来れば早めに消して室内を真っ暗にします。カーテンで区切っても読書灯は光が透けてしまいがちなのと、自身も早く寝たほうが体調管理に良いからです。
密室に他人同士が長時間座り、何があっても到着まで逃げられない交通手段であることを自覚して、できる限り周囲に配慮することが一番大切です。